改良型RNA複製系  効果:自己複製能 ×2 費用:ギル 

  初めて人工細胞に導入されたRNA複製系は、RNAの複製量が十分とは言えませんでした [1]。 そこで、RNA複製系の進化分子工学的な改良が行われました。 遺伝情報分子であるRNAへの変異導入と、より複製量の多いRNAの選択が繰り返された結果、 複製能力の高いRNAを得ることができました [2]。 この改良型RNA複製系を脂質小胞に導入することで、 内包されたRNAを数十倍に複製可能な人工細胞を構築することができました [3]