脂質組成の検討  効果:自己複製能 ×2 費用:ギル 

  人工細胞の器として用いられる脂質小胞は、 様々な脂質分子を材料として作ることができます。 人工細胞の脂質組成はその形態に影響を与えるだけではなく、 内包された生化学反応にも影響を及ぼすことがあります [1]。 そのため、内部で行う生化学反応に合わせた最適化が必要になることがあります。