進化分子工学的手法  効果:自己複製能 ×2 費用:ギル 

  生物は遺伝子変異と自然淘汰を繰り返すことで、 各々の生存環境に適応した存在へと進化することができます。 この仕組みを模倣することで、タンパク質(およびRNA)を目的に合わせて改良することができます。 具体的には、DNAへの遺伝子変異の導入、転写・翻訳によるタンパク質合成、 より目的に合ったタンパク質のDNAを選択、というサイクルを何度も繰り返します。 脂質小胞を微小反応場として用い、分取機能を持つフローサイトメーターをその測定に用いることで、 多量体として機能するタンパク質の機能改変も可能となります [1]