改良型膜タンパク質  効果:自己複製能 ×2 費用:ギル 

  脂質小胞を微小反応場として用いる進化分子工学的手法では、 膜タンパク質の足場となる脂質二分子膜が、 タンパク質合成が行われる反応場と隣接しています。 そのため、膜タンパク質の機能改良にこの手法を利用することもできます [1] [2]