凍結融解による融合誘導  効果:自己複製能 ×2 費用:ギル 

  両親媒性分子を利用して脂質小胞の融合を誘導する場合 [1]、 両親媒性分子の添加を繰り返すほど、 脂質膜に含まれる両親媒性分子の割合が高くなるため、 小胞融合を何度も繰り返すことが困難です。 凍結融解法では、凍結融解の際に生じる脂質膜構造の変化を 小胞融合(および分裂)に利用するため、 栄養供給を何度も繰り返すことができます [2]