融合条件の最適化  効果:自己複製能 ×2 費用:ギル 

  実験条件を最適化するためには、定量的な評価手法が必要となります。 脂質小胞を融合させる条件を最適化する場合は、 脂質小胞の融合率や破壊率などを解析する必要があります。 フローサイトメーターと蛍光指標を利用することで、 それらを定量的に評価することが可能となります [1]