• 生命と非生命の境界を探る CELL and Artificial CELL
  • 生命と非生命の境界を探る CELL and Artificial CELL
  • 生命と非生命の境界を探る CELL and Artificial CELL
  • 生命と非生命の境界を探る CELL and Artificial CELL
  • 生命と非生命の境界を探る CELL and Artificial CELL
  • 生命と非生命の境界を探る CELL and Artificial CELL
  • 生命と非生命の境界を探る CELL and Artificial CELL

RESEARCH GROUPS

市橋グループ
進化する人工細胞、人工生命をつくることにより、生命誕生と進化の謎を解明しようとしています。
More
角南グループ
脂質二分子膜小胞と様々な既知の分子を組み合わせることで、生命の特徴を有した存在を創ることに挑戦しています。
More

NEWS

  • 2017.05.14
    ☆元M2の辻 紗也加さんの論文がBiochemistry and Biophysics Reportsに掲載されました。 おめでとうございます!
    Translation activity of chimeric ribosomes composed of Escherichia coli and Bacillus subtilis or Geobacillus stearothermophilus subunits
    異なる生物由来のリボソームサブユニットを組み合わせてもPURE SYSTEM中で翻訳活性を示すことを示しました
  • 2017.5.10
    5月29, 30日に行われる国際ワークショップ「The Origin of Life - Synergy among the RNA, Protein, and Lipid Worlds 」で市橋が招待講演します。
    興味があれば参加ください。HP
    翌日5月31日に東工大ELSIで行われるInternational Workshop "Reconstructing the Phenomenon of Life -To Retrace the Emergence of Life -"では角南が招待講演します。
    こちらも是非ご参加ください。 HP
  • 2017.03.23
    ☆M2の祐村実旺さんの論文がPlos ONEに掲載されました。 おめでとうございます!
    Combinatorial selection for replicable RNA by Qβ replicase while maintaining encoded gene function
    異なる2種類の人為進化手法を組み合わせることで、コードされた遺伝子の機能を保ったまま複製されやすくなるRNAを開発することに成功しました。
  • 2017.3.24
    市橋が9章を翻訳した教科書 ビジュアルバイオテクノロジー が出版されました。興味があったら買ってください。
    出版社Webページ
  • 2017.2.1
    市橋が3-2章を担当した書籍 人工細胞の創製とその応用 が出版されました。ラボに1冊あるので興味があったら読んでみてください。
    出版社Webページ
  • 2017.1.16
    2月11日に行われる国際ワークショップ「Physical Approaches for Growing and Evolving Populations」で市橋が招待講演します。
    興味があれば参加ください。HP
  • 2016.12.27
    秘書の錫村さんの送別+西村さんの歓迎会が行われました!
    錫村さん、長い間お疲れ様でした。写真
  • 2016.12.19
    秘書の西村さんが着任されました。どうぞよろしくお願いします。
  • 2016.10.03
    特任技術職員の前さんが研究室にやってきました!
  • 2016.09.08
    ☆市橋、角南、津留のチームで革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「豊かで安全な社会と新しいバイオものづくりを実現する人工細胞リアクタ」に参画しました。
  • ゲノム導入と起動のためのリポソーム融合技術の開発を行います。 プロジェクトWeb page
  • 2016.07.20
    ホームページをリニューアルしました!
  • 2016.07.13
    ☆市橋先生の書いた総説がLifeに掲載されました。
  • Constructive Approaches for Understanding the Origin of Self-Replication and Evolution
    自己複製システムと進化の起源を明らかにするための構成的アプローチを紹介しています。
  • 2016.05.17
    ☆特任准教授の角南武志さんの論文がChembiochemに掲載されました。おめでとうございます!
  • Effect of Liposome Size on Internal RNA Replication Coupled with Replicase Translation
    人工細胞モデルとしてリポソームを用いて、リポソームが小さくなるほどその内部でのRNA自己複製反応が促進されることを、実験的に示しました。
  • 2016.05.09
    ☆博士後期課程3回生の辻岳志さんの原稿がATLAS of Scienceに掲載されました。 おめでとうございます!
    Repetitive growth and fission of artificial cells with gene replication
    この原稿内では、先日PNASに掲載された論文(Sustainable proliferation of liposomes compatible with inner RNA replication)の内容がわかりやすく解説されています。
  • 2016.04.28
    ☆博士後期課程2回生の水内良さんの論文がChembiochemに掲載されました。 おめでとうございます!
    Adaptation and Diversification of an RNA Replication System under Initiation- or Termination-Impaired Translational Conditions
    様々な環境に適応するという生命にとって重要な特性を、人工的に構成されたより単純な自己複製システムも有することを、実験的に示しました。
  • 2016.04.07
    共同研究者のBogna Pawlowskaさん(University of Exeter)が滞在され、研究打ち合わせを行いました。
  • 2016.03.28
    ☆元PD 番所洋介さんの論文がPNASに掲載されました。 おめでとうございます!
    Host-parasite oscillation dynamics and evolution in a compartmentalized RNA replication system
    私達が作っている人工細胞モデル(微小区画に封入した人工ゲノムRNA複製システム)には寄生RNAが自然発生し、宿主である人工ゲノムと寄生体が個体数振動を繰り返しながら進化することを示しました!
  • 2016.03.07
    博士後期課程2回生の高野壮太朗さんが、第10回日本ゲノム微生物学会年会において、審査委員会特別賞を受賞されました。おめでとうございます!
    年会HP
  • 2016.02.15
    ☆新しいスタッフの元で新生研究室が発足しました!