生物 × 情報 × 計測

 バイオ情報計測学講座は2018年4月より活動を開始しました。私たちは、生物の代謝が持つ環境適応性、頑健性、進化可能性などの原理を解明し、それを情報技術、ものづくり(バイオプロダクション)、農学、医学へと応用することを目指しています。今までは代謝経路を構成する遺伝子、タンパク質、代謝物などの部品のリストとその機能が解明されてきました。今後は、一つ一つの部品がうまく協調して働く仕組み、代謝の動作原理、を解明する必要があります。私たちは、生物の中で何が起きているのかを定量的に把握(データ化)することでこの困難な課題にチャレンジします。質量分析法を用いた先端計測技術を開発し、生物中の生体分子含量のより正確な定量を行っています。情報技術を活用して、得られた定量データを読み解く方法論を開発し、代謝システムがもつ特性の抽出を試みています。また、得られた知見をもとに計算機内で代謝を組み立て、その動作原理を検証、解明することを目指します。

学生、共同研究大募集!

 応用につながる基礎がやりたい。代謝の謎を解きたい。本気でシステム生物学がやりたい。ウェット実験とドライ解析をどっちもやりたいという、学部生、院生やポスドクを常時募集しています。また、我々の技術をさまざまな分野で活用してくださる共同研究を歓迎します。研究室見学もいつでも歓迎です。ぜひご一報ください。

NEWS & TOPICS